トップ / 求人広告を見るポイント

求人広告を見るポイント

いい仕事の求人を探す

ネイル

求人広告を見て転職すること

今、働いているところに何らかの不満があり、転職したいなと思った時に求人広告を見て、活動をするかと思います。そこで、広告を見るポイントですが、どこまで通えるのかによっても違ってきます。なるべく自宅の近くがいいと思うのなら、新聞の折り込み広告や自宅近くのハローワークが便利です。これらは近隣の情報が得られるので、希望に合った転職先を見つけることができます。電車に乗って1時間くらいなら通ってもいいと思ったり、あるいは自家用車で40分くらいまでかけられるというのなら自宅から少し離れた求人情報を見ても良い仕事先を見つけられるかもしれません。インターネットやフリーペーパー、就職情報誌や少し離れたハローワークなどで見つけることが出来るでしょう。

転職に有利な業界について

近年、転職をスキルアップの手段として積極的に評価する傾向が社会全体として出てきていますが、転職すると給料が下がる人が多いというのも事実です。そのような中、福祉業界の求人であれば前職の勤務経験を肯定的に評価し、給与設定の時に加味してくれるという魅力があります。例えば、児童養護施設等における保育士の募集情報の場合、保育士の勤務年数によって措置費の保護単価が上乗せさせるため、それまでの経験年数を求人募集の時点で積極的に評価してくれます。その他、介護の現場でも実践力を要することが多いため、前職の勤務経験を肯定的に評価してくれます。

↑PAGE TOP